鞆鉄道ARNOLD JUNG(10):バルブスピンドルガイド

時間ばかり進んであまり工作の進展がありません。
バブルギヤにいく前に周辺部分を決めてしまわないといけません。

今回は変わった形をしたバルブスピンドルガイドです。

画像

まずシリンダー後蓋のディテールを完成させます。
0.5mm線のボルトを埋め込み、パイプと小さな真鍮片でピストン棒の出入口のフランジを表現します。




後蓋とスライドバーを固定したら、バルブスピンドルガイドを付けました。
画像

細部は写真でもよくわからないのですが、後方へ斜めに曲がった支柱にバルブロッドを支える円筒がつきます。
バルブスピンドルガイドは0.4mm洋白板とパイプの組み合わせででっち上げました。
細部は実物と異なる部分も多いですが、細かいので雰囲気が出るよう適当にデフォルメしてあります(矢印)。
写真では0.5mmのバルブロッドを通してあります。
一応、バルブロッドは前後にスムースに動きますが、可動にできるでしょうか。
また、動きがほとんど見えないはずなので、無理に可動にする意味があるのかどうか、バブルギヤを作りながら考えたいと思います。

次はガイドヨークを作らねばなりません。
ガイドヨークは単なる飾りではなく、何とそこに加減リンクが付くというモーションプレートの役割があるのです(この部分は用語の使い方にちょっと自信がありません)。
あんな薄板に加減リンクを付けるなんて、強度と工作の手順、ロッドの位置関係など、課題は山積です。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック