鞆鉄道ARNOLD JUNG(15):バルブギヤを再度修正

ユニオンリンクの前下がりがどうも気になったので、バブルギアのロッド長を再度調整しました。

画像

加減リンクを1mm縮め、コンビネーションレバーを1mm縮めました。
ついでに、バブルロッド周辺に少しスペースの余裕ができたので、バブルロッドを可動にしてみました。




画像

サイドロッドの一番遠い点でも、コンビネーションレバーとユニオンリンクが伸びきらずに収まりました。




画像


動画を撮ってみました。


バブルスピンドル周辺の動きが実物とちょっと違うような気もしますが、動く方が見ていて楽しいです。




画像

バブルロッドの可動には、コンビネーションレバーの情報に伸ばした腕を用いました。




画像

バブルスピンドルクロスヘッドには長孔を開けて、コンビネーションレバーからの腕を差し込みます。
この部分には関節を用いず、前後にやや遊びを持たせてあり、これによってストロークの大きすぎるのを少し緩和すると共に、少しぐらいのズレで過大な力がバブルスピンドルにかからないようにします。
Nゲージの蒸機のコンビネーションレバーも同様の構造をとっており、それを真似てみました。




画像

サイドから見ると関節になっているように見えますよね?

もうこの辺で下回りをいじくるのは終わろうと思います。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック