大学鉄研OB会:三岐沿線

一昨日から昨日にかけて、大学鉄研のOB会がありました。

画像

まずは関西線の関駅に集合。
関駅の構内は長い線路有効長とホームがあるのに停車するのは短い気動車の2連とは寂しい限りです。




画像

宿泊は関ロッジの「ナハネ20 2237」。
当日は写真を取り忘れたので少し前に下見で行った時の写真です。
デッキや通路は懐かしい雰囲気でしたが、客室の第一印象は「狭い」「低い」。
走るホテルも現代の水準では居住性は良くないです。
まあ、当時の座席車で一晩過ごすことを思えばはるかに快適だったでしょう。
夜遅くまでかつての仲間と歓談しました。




翌日はいなべに移動してまず貨物博物館へ。
当日は博物館10周年記念のイベントが行われており、大変多くの人でごった返していました。
バタバタしていて写真は取り忘れました。

参加メンバーで丹生川周辺でちょっと撮影。
画像

もう蕎麦の花は遅いかなと思っていたけどまだ大丈夫でした。




画像

台風と秋雨前線の影響で雲の多い日でした。
早朝までに雨は上がり、日差しも戻ってきて最悪の事態は避けられました。
藤原岳も何とか見れました。




画像

列車の中には貨鉄博10周年のヘッドマーク付きのものも。




画像

機関車にもヘッドマークが付いています。




画像

これはヘッドマーク無し。




画像

青川橋梁の周辺は茂みがかなり茂って鉄橋が見にくくなっていました。




こんな感じでOB会を終え、次回の再会を約束して解散したのでした。
しかし今でも鉄活動を活発にやっている人はいくつになっても熱心です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

にっしー
2013年10月07日 16:29
OB会お疲れさまでした。初瀬さまとは6年ぶりにお目にかかりましたが、お元気そうでなによりでした
TMSコンペで入賞されたSL、このブログに載っている古典客車を拝見できましたが、やっぱりすばらしい出来で、唸ってしまいました
私もグリーンマックスのキット組立の旧形国電を持参しましたが、素組みに近い状態でお恥ずかしい限りです
組立の基本を守りながら、もう少しプラスαできるものを私も考えないといけませんね
またお目にかかれるのを楽しみにしています
初瀬春日@管理者
2013年10月07日 23:19
にっしー様 お疲れ様でした。

見せてもらった国電は塗装が本当に秀逸だと思いました。車体塗装もHゴムも素晴らしかったです。
素組かディテールアップかなんてことは好みで決めればいいことで、ディテールアップは必須ではありません。
下手なディテールアップが全体の雰囲気を崩してしまうこともよくあります。
にっしー様の仕上げ技術ならどこへ出しても恥ずかしくありません(お世辞ではありません、本当です)。
ディテールは資料写真を見て付けたくなったら付ければいいのです。
楽しんで製作して下さい。
次回も作品を拝見できるのを楽しみにしています。
hirorin
2013年10月11日 22:08
会えると思って楽しみにしてましたが・・
孫の運動会が土→日に順延になってしまい・・
午前中に行くことが出来ませんでした。
午後から貨物博物館に出かけましたが、すでに遅しでした・・(^_^;)。。
沢山の方が見えて大盛況でしたね。
また・・会えることを楽しみにしてます。
初瀬春日@管理者
2013年10月12日 08:21
hirorin様

我々も滞在時間が短かったし、お客さんが多かったのでお会いできた確率は低かったですね。
昨日忘年会の案内が回ってきました。
またそこでお会いできそうです。

この記事へのトラックバック