ボールドウィン1310の製作(30)上回りディテール:逆止弁

逆止弁はちょっと複雑な形をしています。
このパーツも側面写真では全く形がわからないのですが、クラーケン様にもらった写真でばっちり判明しました。

まず本体を作ります。
画像

1.2x1.4に削った真鍮材に孔を開けます。




画像

切り出してパイプ、線材を差し込んでロウ付けで固定し、削って成型しました。
下方の取付部は0.8mmステンレス線、両側の細い線は0.25mmステンレス線、上部のパイプは0.8x0.6と0.6x0.4です。
ステンレス線を使ったのはロウ付けで鈍ってしまわないためです。




画像

両側に付くパイプ接合部です。
1.0x0.5パイプと0.5x0.3パイプを組み合わせてロウ付けします。




画像

上部に付くバルブハンドルの取付部は旋盤で切削した洋白材の先端を六角に加工します。
外形が六角になったピンバイスにくわえて一辺ずつ回転させながら手作業で削りました。




画像

各パーツをハンダで接合しました。




画像

ボイラーにはめてみました。
固定してしまうとパイプが付けられなくなるので、後でパイピングするときに同時に固定するようにします。

小さいけど存在感のあるパーツになりました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック