ボールドウィン1310の製作(32)上回りディテール:前照灯

今回は前照灯を作ります。
少し大振りな油灯です。

画像

ランプハウスは径5.5とし、旋盤で引き出しました。
内径は4.0mm、入口に径4.3mmでわずかに段差をつけ、レンズをはめ込めるようにしました。




画像

台座は2mm厚の板から作ります。
まず5.5mmの孔を開けたら捨板にハンダで固定します。




画像

フライスで最初の孔の両側から削り込みます。




画像

捨板からはずしてバリを取り、中央に孔を開けておきます。




画像

ランプハウスと台座は1mmパイプで突き刺してロウ付けで固定しました。
後からのハンダ付け作業でバラけてしまわないようにするためです。




画像

上部のベンチレータ部も同じように5.5mmの孔を開けた2mm板から作ります。
5.5mmの孔の周囲から小片を切り出して0.6mm線を差し込み、台形に加工します。




画像

いったん線を取り外します。



画像

先ほどのパーツと薄板、別の小片を0.6mm線で串刺しにし、ロウ付けで固定したら成型します。




画像

本体とベンチレータ部を組立て、ディテールを付けて完成です。
サイドの窓枠は貨車用の票差しを削って使いました。
頂点のカバーには外形1.5mmのパイプを半分に削って付けました。




画像

ボイラーに付けてみました。
我ながらいい感じの仕上がりで、しばらく喜んで眺めていました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ozu
2014年02月24日 13:09
思い通りに出来た自分の作品を眺める・・・至福の時ですね。
もう少しで完成、楽しみです。
初瀬春日@管理者
2014年02月24日 17:20
OZU様 こんにちは

進行は遅いですが少しずつ進んでいます。
パーツが一つ出来上がるたびに嬉しいですね。

この記事へのトラックバック