ボールドウィン1310の製作(49)生地完成

約1年半の間製作を続けてきた1310がやっと生地完成にこぎつけることができました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


自分では上出来だと思っていますがどんなもんでしょう?

画像

下回りです。バルブロッド可動メカを組み込んだので中はギッシリ詰まっています。




サイズ比較です。
画像

小型のワフと屋根の高さがほぼ同じです。




画像

近代的なワムと比べると一回り小さいです。
まるで入替専用機のような雰囲気です。
かなの小型機です。

動画を撮ってみました。


ロッカーアームの動きがよく見えて楽しいです。

細かい部分の忘れ物がないか確認したら塗装に移りたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ozu
2014年09月22日 07:53
生地完おめでとございます。
手をかけただけあって素晴らしい出来ですね。
拝見するのを楽しみにしています。
railtruck
2014年09月22日 08:18
生地完成おめでとうございます。
次作はバルブギアのフルワーキングですね。
初瀬春日@管理者
2014年09月22日 10:10
ozu様、railtruck様、お褒めいただき、ありがとうございます。
お二人にお褒めいただくのは本当に嬉しいです。
本心は、何かダメ出しがないかドキドキしながらコメント読むんですが(笑)
バブルギアのフルワーキングは魅力的ですね。
ぜひチャレンジしたいテーマではあります。
伝動から考えないといけませんね。
効果の見えやすい4-4-0なんかやってみたいです。

この記事へのトラックバック