8100キットの製作(13):ロッカーアーム

キット付属のロカーアームはサイズが少し異なっていて使えないので新製しました。

画像

1mm洋白に0.6と1.0の孔を開けます。
実際には1.0mmは表に出ないよう、途中で止めてあります。




画像

切り出して成形しますが、小さいためケガキ線を書いても不正確でうまく削れません。
写真左のような治具を作り、治具とともにバイスに挟んで削りました。
治具の円柱ギリギリまで削ればよいわけです。




画像

できました。
よく見ると形が揃ってません。
出来の良いのを選んで使います。




画像

台枠に差し込むロッドは径1mm洋白です。
パイプ状の台座とともにハンダで固定しました。




画像

バルブロッドの取付部です。
径1.5mm洋白の先端を0.6まで削って差し込めるようにします。
側面に0.6mmの孔を貫通させます。
これがなかなか難しい。




画像

1.5mm材の側面の所定の場所に孔をあける治具です。
これで位置決めと固定は何も考えずにできるようになりました。
とは言っても0.6mmドリルにとっての孔開けは難関であることには変わりはありません。
刃を折らないよう、細心の注意を払って作業しました。
(実は1本折ってしまいました。)




画像

完成です。
バルブロッド取付部は足をカシメて回転するようになっています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック