1310のの製作(51):塗装(2)

上回りを塗装しました。

画像

クレオスのグレーFS36320という米軍の迷彩色です。
青っぽいグレーにしたかったのでまずまずといったところです。
何箇所かタッチアップしなければいけない所があり、完成までにはまだもう少しかかります。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

にっしー
2016年07月17日 12:08
ごぶさたしています。お元気ですか
8100の記事を読んで、寿都鉄道を思い出しました
と思ったら、急に1310塗装編が出てきました
GSIクレオスのカラー(子供のころは「レベルカラー」と呼んでいました)は本当に多種多様なものが出ていて、量販店に行くたびに「この色使えないかな?」と考えています
ところで、プラ塗料は金属にそのまま塗るとすぐはげてしまうのはご存知と思いますが、下塗りには何を使っていらっしゃいますか?
プラ工作が主の私は、金属への塗装は、銀河モデルのパーツや動力ユニットの塗装がほとんどですが、下塗り剤はエッチングプライマーぐらいしか知りません。塗膜が頑強に喰いつくことのできる下塗り剤をご存知でしたらお教えください
初瀬春日
2016年07月17日 22:18
にっしーさん、お久しぶりです。
私はもっぱらマッハのメタルシールプライマーです。
いつもはマッハの塗料で塗るのですが、最近仲間内でクレオスを使う人が多く、今回試してみました。
結果は上々で、マッハ塗料に劣らない塗膜の強さがあります。
クレオスは溶剤系というのを使います。
水性のは金属には不適です。
中間色が多くて利用価値はあります。
クレオスはGMカラーと溶剤などが共通に使えます。

この記事へのトラックバック