無蓋車の積荷

蒸機製作の息抜きにお手軽工作をしてみます。

材料はホビーモデルのプラキットを組んだトム。
画像





積荷はメーカー不詳のトラクターです。
画像

よくできいますが日本型ではないため、日本の農村風景には似合いません。
これを積載してカバーで覆ってしまおうという作戦です。




画像

角材で適当に車止めを作ります。




画像

カバーをかけたらロープで固定しますが、ロープ掛けを付けました。




画像

このロープ掛けはマッハのエッチングパーツを削ったものです。
最初からT時形を削って作るのは大変です。




画像

完成しました。
カバーはトレーシングペーパーにラッカーを塗ったものです。
ゴム製のカバーに見えるでしょうか。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

brass_solder
2017年01月20日 14:50
車体の細かい標記が効いていて実感的ですね。
トレーシングペーパーがシートに見えるのは素晴らしいです。
ついでにシートにオレンジ色でエって入れたくなりますね。
初瀬春日@管理者
2017年01月20日 17:57
貨車の表記はめんどくさいですが効果バツグンなので頑張ってやってます。
くろまやのインレタが秀逸ですね。
表面のつるつるした紙を探していたらトレーシングペーパーを見つけました。

この記事へのトラックバック