Porterの製作(23):水タンクを本体に固定

水タンクを固定しました。
画像

資料写真を見るとPorerの小型機は水タンクをボイラーに固定する金具はかなりゴツイものが使われており、リベットも大きくかなりがっちりと固定されているように見えます。
固定場所は手持ち資料のほとんどで煙室にリベット止めされていました。
リベットはアドラーズネストの「リベットヘッド M」を使いました。全てのリベットが実際に貫通して固定されているので、固定強度は強固です。ヘッドの直径は0.8mmとなっています。

固定金具は角の出たものを作りたかったので、いろいろ考えましたが板材をロウ付けで組み合わせました。
バーナーであぶっていたら随分汚くなってしまいました。
事前に材料を綺麗に洗浄しておいた方がよかったのでしょうか。
画像

材料はt0.4の板と帯板で、帯板はボイラー径に合わせて丸めておきました。




画像

切り離して、現物あわせで少しずつ削って仕上げました。




画像

この金具の固定で水タンクの位置が決まってしまうので、位置決めは慎重な上にも慎重に。
仮止めしていろんな方向から眺め回し、写真にも撮ってゆがみや傾きがないか確認します。
悲しいかな、各パーツのわずかずつの誤差が集積してきますので、100%満足のいく位置は得られませんでした。何度もやり直して何とか妥協点を見つけました。
ちなみにこの手の仮付けには低温ハンダを使います。取り外しが簡単だし、他のハンダを溶かす心配もありません。




画像

ここまでできました。
これで山を一つ越えた感じです。
あとはパーツを一つずつ作ってゆけばいいのです。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック