Porterの製作(33):下回りディテール

少し進めます。
あまり細かく作り込むつもりはないですが、目立つディテールを少しつけてゆきます。

画像

端梁にボルト表現をしました。
植え込んだ線は径0.4です。




画像

台枠と端梁の間の補強金具です。
資料写真を見てもいくつかの形態があってよくわかりません。
最大公約数的で違和感のない程度におさめます。
リベット付きのアングルを作ることにしました。
t0.3にアクリルカッターで深く溝を入れてからリベットを打ちました。
溝はかなり深く入れて指先で軽く折り曲げることができるようにします。
ケガキをまちがってケガキ線がひどいことになっています。
ほとんど見えなくなるパーツなのでこれで良しとします。




画像

台枠に取り付けました。
こんな小さなパーツでも普通にハンダ付けするとかなりの熱量を必要とし、せっかく組んだ台枠がバラけてしまう恐れがあるため、低温ハンダを用いました。

次はブレーキです。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック