Porterの製作(35):ブレーキ装置の完成

前回はブレーキシューを作りましたが、それをリンク機構で接続し、台枠に取り付けます。

画像

まず、ブレーキシューにハンガーと支点になる0.6mm洋白線を付けます。




画像

ブレーキハンガーの取付部です。
0.8mm洋白板にパイプをロウ付けしたものです。
パイプは内径が0.6、外形が1.2mmになるよう、2種類の組み合わせです。
かなり小さなパーツなので、部材が大きなうちに大部分を削り、最後にハンドバイスにくわえて何とか仕上げました。




画像

リンク機構の支点部です。
同様に0.4mm洋白板とパイプをロウ付けしてから1mmネジを切り、外形を整えました。




画像

ブレーキハンガーの支柱とリンクの支点部を台枠に付けました。
他の部分ができあがっているのでパーツ同士が干渉しないよう、ハンダがバラけないよう、取付には結構難渋しました。




画像

次はブレーキの押し棒です。
0.8mm洋白棒の先端をバイスでつぶし、0.45mm孔を開けて形を整えたものです。
簡単にできるのでたくさん作ってしまいました。
棒材の先端をつぶして穴を開け、ロッドを作る方法はこれまでにも紹介されています。
今回やってみて簡便で優れた方法だと感じましたが、両端に孔をあける場合に孔の間隔を揃えるのがかなり難しいようです。
なので片方ずつ作り、長さを調節して接続することにしました。




画像

ブレーキ押し棒は、実機ではちょっと大ぶりな部材が付けられています。
おそらく動輪とのクリアランス調整のためのものと思われます。
拙作もそれを利用して長さを調整しながら両端をつなぐこととしました。
パイプのままだと味気ないので六角に削ってみました。




画像

六角に削るのはおなじみの技法で、先端が六角のピンバイスに部材をくわえてヤスリで削ります。




画像

可動部でもないのに、両端の孔の間隔は案外シビアです。
良い位置でとどまり、動輪に接触しない位置を決めるためです。
きっちりと間隔を決めて植えた2本のピンに部材をはめ込み、ロックタイトで固定しました。
治具を青く塗ってあるのははみ出したロックタイトで部材が固着しないようにするためです。




画像

吊りリンク(?)は0.4mm洋白で作りますが、スペーサーを挟んで2枚を付け、間接部が挟み込める構造にしました。
このパーツの完成写真は撮り忘れました。




画像

各パーツの説明はちょっとわかりにくかったかもしれませんが、組み込んで完成させると構造は一目瞭然でおわかりになると思います。
実機の構造がよく分からなかったのですが、レバーを引くと吊りリンクが上がり、押し棒が突っ張る形になってブレーキがかかるのだと理解しました。(間違ってたらすみません)
各関節はまだ固定していないので動きますが、このままではフラフラしてショートの原因になるので形のいい所で固定してしまいます。
実機でも同じ構造だとするとやはり振動で動輪に接触すると思うのですが、何かイコライザー的なものはあるんでしょうか。

全体がユニットになって1mmネジ1本で脱着できます。ブレーキハンガーの位置が固定されてパーツが回転しないのでネジが緩むことはないと思います。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ozu
2018年12月14日 09:05
もう凄いの一言です。
とても真似できませんが、参考にさせていただきます。
初瀬春日@管理者
2018年12月14日 13:03
OZUさん、
いえいえ、細かく見るとアラだらけです。
以前からブレーキシューの取付がどうも実感的でないことに我慢できなくて、単純で確実、かつ実感的な方法はないかと時間をかけて考えてました。

この記事へのトラックバック