Porterの製作(46):前照灯の取り付け・安全弁・汽笛

まずは汽笛と安全弁を作ります。

画像

汽笛、安全弁とも真鍮棒から一体での削り出しです。
汽笛の細い切れ込みは旋盤を回しながら糸ノコで切り込みました。
安全弁は小さいもので安定した仕上がりにならないため、いくつか作って揃ったものを選びます。




画像

汽笛の作用腕はt0.2洋白から削り出しました。




画像

作用腕は取付足を長く残して、汽笛を貫通させてハンダで固定しました。
余分は後で削り取ってしまいます。
こうすれば強度が充分になります。




画像

プレートの上にまとめました。
狭いのでハンダ付けが大変です。




画像

前照灯は簡単な台座を挟んで固定しました。
固定そのものは煙室に貫通させた0.8mm棒によっているので頑丈です。
汽笛・安全弁のユニットは別に塗装して接着固定するため、はめこんであるだけです。

これで上回りはほぼ完了しました。
そろそろ仕上げにかからないと。
カプラーはまだ悩み中です。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック