8550の製作(19):安全弁

ここからはディテール工作が中心になります。
安全弁とその台座です。




1.IMG_4629.jpg
台座はドームと同様の方法で作りました。
頭部は少しくぼませて、汽笛・安全弁を組み付けた板を落とし込む形とします。
パーツ取付足の逃げを開けたら隣接する孔とつながってしまい、見苦しくなってしまいました。
安全弁は原型では目立たない小さなもののようですが、空製機では少しサイズの大きなものに変更されているのもあるようで、
大きめにしてみました。
ちょっと大きい気もしますが、パーツが目立つのも悪くないかなと思っています。
安全弁本体部分の径が1.2mm、旋盤で切削するには小さいので2個のサイズを揃えるのが大変です。
汽笛はエコーのAタイプを使いました。




2.IMG_4630.jpg
汽笛に装着する作用テコです。
0.2mm洋白から削り出しました。




4.IMG_4632.jpg
汽笛と安全弁は柄のついた板の上にまとめてユニットとします。
後で色差ししやすいようにするためと、大きな台座に直接ハンダ付けするのが難しいからです。




3.IMG_4631.jpg
ボイラーに仮装着してみました。

この記事へのコメント