テーマ:上信デキの製作

上信デキの組立(6)完成

塗装して完成させました。 その前に、前照灯のレンズが無かったので5mmアクリル棒より切削しました。 ぴったりの径の棒があれば苦労はないのですが、3.2mmという中途半端な径なので削りました。 断端はドリルレースで曲面を付け、コンパウンドで研磨しました。 塗装はマッハの塗料を用いました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上信デキの組立(5)カプラー

寒いのと忙しいのが重なり、しかもフライスをセッティングして少々疲れてしまい、新しく工作を始めるモチベーションが上がりません。 そこで完成直前で放置されていたロコの仕上げをしました。 ここまで出来たところで、もう4ヶ月以上も放ってあり、自分でも何をしていたか忘れてしまうほどです。 塗装前の最後の調整として、カプラー取付の調整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上信デキの組立(4)生地完成

ディテール工作はこれといって特別なことはないので、途中ははしょっていきなり生地完成です。 キットに付属のディテールパーツはちょうど手頃な感じで、追加も省略もせず、詳しい考証もせずそのまま素組です。 この機関車の外観上の特徴は、側板の点検扉が左右で異なることで、片方には全く点検扉がなく、のっぺりしています。 また、組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上信デキの組立(3)カプラー台

写真を撮り忘れていますが、ディテール工作に入っています。 キットには適度なディテールパーツが付いているので、サクサクと進めていますが、カプラー台は調整が必要でした。 もともとはベーカータイプに合わせてあったようです。 高さを合わせるため、1mm板を貼り重ねました。 1mm板にはあらかじめ1.4mmのネジを切っておきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上信デキの組立(2)前照灯点灯装置

本工作にかかる前に、前照灯関連の下準備を済ませておきます。 後からではできなくなる部分が多いからです。 まず、床板の集電関連です。 このキットには運転席インテリアが付属していて、写真のようにユニットをネジ止めするようになっています。 ところが、このままでは前後台車からの通電を結線することができません。 そこで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上信デキの組立(1)走行装置、パンタ台

本当に久しぶりにパンタものを組んでみることにしました。 クラブの先輩に格安で譲っていただいた古いキットです。 TMSの製品紹介をみると1984年の製品のようです。 カツミのキットは完成品の販売を前提にしているため、組みやすいという評判です。 動力も古いものが付属していたので、まずちゃんと走るようにせねばと、下回りから…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more