テーマ:DB201の製作

DB201の製作(11):ディテール(4):ブレーキシュー・生地完成

また間隔が開きましたが、ようやく生地完成となりました。 最近工作が遅いのは、体調が悪いとか本業が忙しいとかいうような理由ではなく、単に夜の時間が少なくなっているからなんです。 健康のためとか言って嫁が夜の散歩を始め、それに付きあうようになって夜の自由時間が少なくなりました。 夜8時から1時間ほど散歩するだけなんですが、風呂入ったり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DB201の製作(10):ディテール(4):床下

随分長い間サボっていましたが、細々と作業を続けていました。 床板周辺のディテールパーツを完了させます。 まずブレーキシリンダーからの作用テコです。 適当な0.2mm板に0.6mm洋白線をロウ付けします。 それを折り曲げ、支点の孔を開けて成型します。 t0.3mm板で作った作用テコをピンでカシメて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DB201の製作(9):ディテール(3):ブレーキシリンダー

床下ディテールの続きです。 ブレーキシリンダーはスペース的にかなり小型の物しか付けられません。 エコーの「貨車用ブレーキシリンダーKD型」がちょうど良いサイズで、ブレーキアームも付いていて好都合で、このまま使おうと思いましたが、アームの向きが逆なのと、フレームにネジで固定したかったのでホワイトメタルでは不都合なため、断念しました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DB201の製作(8):ディテール(2):コンプレッサー

更新の間隔が空いてしまいました。 実はギックリ腰で2週間ほど休養していました。 仕事中に少し前屈みになったとたんにギクッとなってから、ほとんど前屈ができなくなってしまいました。 幸い、腰を曲げなければ動けたので仕事は何とか休まずに済みましたが、それ以外はほとんど何もできません。 同じ姿勢で座っているのが非常に苦痛だったんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DB201の製作(7):ディテール(1)

楽しくもあり、面倒でもあるディテール工作にかかります。 まず上回りです。 キットのパーツをそのまま付けただけのお気楽工作です。 一点だけキットとの相違点を。 キャブ前面窓にワイパー用と思われる孔がありました。 何気なしに加悦DB201の写真を見ているとワイパーがありません。 実態はどうかと資料を調べてみると、このタイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DB201の製作(6):前照灯点灯回路

前照灯はLEDで点灯させることにしました。 薄い基板にアクリルカッターで切れ込みを入れて回路を作ります。 前照灯は小さなもので最小のチップLEDも入らなかったので、基板にLEDを付けて導光します。 通電の一方はボディにアースするのでリード線は1本だけです。 LEDの保護回路は整流ダイオードとCRDで行いました。 発表される…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

DB201の製作(5):フライホイール

少しでも走行安定性に役立つかと思い、フライホールを付けました。 狭い車体に収める必要があるのでまず車体を組みました。 キットなのでこの辺りは非常に楽であっという間に形ができてしまいます。 台枠や車体に接触しないよう、またなるべくサイズが大きくなるよう切削しました。 組付けは偶然入手できたモデルワム製の1.4m…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

DB201の製作(4):ジャック軸・台枠完成

ジャック軸を取り付けました。 軸孔の位置決めが難しかったですが、ロッドを計測した値と、キットパーツをあてがった現物合わせでだいたいの見当を付け、少しずつ修正してゆきました。 微調整の方法は、いきなり軸孔を開けるのではなく0.4mm径でまず下孔を開け、ジャック軸のシャフトをパイプを利用して0.4mm線で支えられるようにしておき、下孔に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

DB201の製作(3):集電ブラシ

集電ブラシを作成し、試運転しました。 集電ブラシは台枠にネジとめすることにしましたが、ネジ位置がどう考えても台枠の上縁ぐらいになってしまいます。 もっと上下幅を広く残しておけばよかったと後悔しても後の祭り。 ネジとめのベースを付けることにしました。 エンドミルで少し削り込んでベース板をとめる座を作ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DB201の製作(2):台枠完成:やっぱりロッドは手強かった

台枠が一通り完成しました。 外周をチョイチョイと削ったら終わりかと思っていました。 ところが、前回仮組みでストレスなく回っていたのが動輪をちゃんと組んだら回らなくなったのです。 いろいろ見直して、結局軸距が0.1mm短かったことが判明しました。 それがわかったので台枠は新しく作り直しました。 軸距が合ってないことはすぐわか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DB201の製作(1):台枠

工作を再開しました。 次作予定の蒸機は資料の検討と各部寸法の見直しに時間がかかるのでゆっくりとやることにして、気楽に取り組めるキットの製作です。 珊瑚製、加悦鉄道DB201を作ることにしました。 いきなり動輪をバラしました。 最近クラブ内で話題になることの多いベアリングを試してみたかったのです。 都合の良い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more