がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS モジュール・ジオラマの夢再び

<<   作成日時 : 2009/01/15 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

他のサイトをいろいろ見ていて、モジュールを作りたい気持ちが高まってきました。
思えば中学生の時にTMSの阿部氏の情景小物に衝撃を受け、以来あこがれを持ち続けてきました。
7〜8年前に同じようにモチベーションが高まってNサイズで作り始めたものがあります。
あまりの細かさに根気が続かなくなり、未完のまま放置されていましたが、もう一度取り出してきて、写真を撮ってみました。
実を言うと、当時はコンペを目指していたため、自分のできる限りのエネルギーを注いでいました。
今改めて見てみると、もう少し丁寧な工作をすればよかったと反省しますが、雰囲気は自分の好きな世界ができつつあり、一応満足しています。
ただ完成までの道のりを考えると挫折せざるを得ませんでした。
長年の放置でプラの薄板の部分(主に屋根)が波打ってしまいましたが、ご紹介します。

画像

この町並みは三重県に実在します。
私が小学4年生まで過ごした家のある一角です。
建物はペーパー主体の全自作、窓はインクジェット対応のOHP用紙に窓枠を印刷し、枠部分に細く切った紙の帯を貼りました。
屋根瓦はGMのパーツを原型に作ったものです。
GMの瓦はどういう訳か凹凸が逆なので、それを利用します。
GMパーツの上に直接木工用ボンドを薄く塗って2〜3日後にはがすと、瓦状のボンド板ができます。
それをプラ板に接着して平面を保つようにしたものです(長期の耐性は無いことが判明しました)。

画像

(1)が私の住んでいた家です。3軒長屋の真ん中です。
(2)家の前には用水路があり、私達は「川」と呼んでいました。
(3)便所は外にありました。その前の中庭のようなところには井戸があり、周囲の数軒で共同使用していました。
(4)「かごや」というお菓子屋があり、毎日10円もらってここへお菓子を買いに行くのが楽しみでした。



画像

前の道路側から見たところです。
向かって右が花屋、隣がお菓子屋、その隣は普通の家(同級生が住んでいた)です。



画像

花屋の店の中を作ってみました。
随分ホコリがたまっていますね。



画像


画像

お菓子屋の中は記憶にある限り、再現してみました。
箱や瓶に入っているお菓子をはかりで計って10円分買います。
夏はアイスクリームを買っていました。
電話はこの位置にあったかどうかは覚えていませんが、この店にあったことには大きな意味があります。
というのは、私の家には電話が無かったので、電話がかかってくる用事があるとこの店の電話を借りることになっていたからです。
携帯電話を一人一台以上持っている今からはとても想像できないでしょう。



画像

この家の記憶はあまりないのですが、想像で作りました。
ここで表現したかったのは、こういう作りの家は玄関から入るとまず土間があり、そこから座敷に上がるようになっているということです。
夜は座敷には灯がともりますが、土間は用がなければ普通は暗いです。
それを表現してみたかったのでした。


画像

トイレです。

画像

トイレの戸は開きます。便器も作りました。



画像

別の家の小便用トイレです。
青っぽい陶器だったような記憶があります。

長々と見ていただいて御退屈さまでした。

この町並みを題材にするかどうかは決めていませんが、似たような風景を作ってみたいと思います。
今度は16番サイズで行えば細部が少しは楽でしょう。
市販パーツも豊富に利用できそうです。
効率よく作れるよう、行程の省力化も考えてみたいと思っています。
さて、着工はいつになりますでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!雰囲気がすばらしいと思います。さすが実在した町なみの再現は説得力が違いますね。ここは海に近い場所だったのですか?
なぜだかそんな風に感じました。
それにNスケールでここまで…という点もさすがです。
「かごや」さんなどの内部は、白熱灯に照らされて雰囲気満点です。
これをやめて16番に移行するのですか?とてももったいなく感じます。
genchichi
URL
2009/01/19 22:00
genchichi様

お誉め頂き、ありがとうございます。
よく見ると随分粗い仕上げですが、一応雰囲気は出たかと思っています。

場所は海ではなく、盆地の町です。
本当は周囲にも街並みが続いています。
周りに何も作っていないので港のような雰囲気に感じられたのでしょう。
板塀などをつける予定でした。

でも細かい作業が続いて疲れ果てました。
やっているときは楽しかったですが、あまりにもしんどかったです。

16番ならもう少し楽なのではないかと思い、Nはあきらめました。

Nで作り込みをやっている人はすごく集中力と根気がある人だと思います。
初瀬春日@管理者
URL
2009/01/20 08:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モジュール・ジオラマの夢再び がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる