がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(32):田植え(試作)

<<   作成日時 : 2009/03/15 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 4

次の難題、田植えを試作してみました(日本語がちょっと変)。

材料は

こちらのブログ

で紹介されていたネコジャラシ。
本名はエノコログサというそうです。
先日、家の前の土手に探しに行ったら全部刈られてしまっていて見つけられず、近所の河原の土手まで出かけてやっとみつけました。

画像

この穂についている毛をむしり取り、稲の苗に見立てて田植えします。
今は冬なので枯れて完全に乾燥しています。
それをエアブラシでまず緑色に塗装しました。



いろんなサイトで大変な作業だと書かれていますが、どのぐらい大変か、実感してみようと思います。

画像

ベースの板に孔を開けるのですが、いちいちケガいていては本当に大変なので、孔開け治具を作りました。
各孔は0.8mmです。
あわてて作ったのでいい加減な仕上がりになっています。

苗を植える間隔は全然知らなかったのですが、ネットにはそんな情報もありました。
いろいろありますが、だいたい15〜30cmの間隔で直線に植えるようです。
隣の列との間隔(これは条間といいます)は30〜40cm。
そういえば、草取りなどで農家の方は田に入る必要があるので、条間が狭いと歩けないですね。
列を横切るようには歩けないと思います。
いろいろ新しい発見があり、レイアウトは奥が深いと改めて感じました。
治具の寸法は、切りのいい数字を使い、苗の間隔は2.5mm(20cm)、条間は3mm(24cm)と4mm(32cm)の両方が使えるようにしました。



画像

治具をあてながら孔を開けました。
手前が条間3mm、奥が4mmです。
光っているのは、目止めに木工用ボンドを流しすぎたからです。



画像

そこに、むしり取ったネコジャラシの株(おそらく一つ一つが花だと思います)を木工用ボンドを付けてさしこんでゆきます。
これは試作なので、時間の節約のため半分でやめました。



画像


画像


条間3mm(左)は狭すぎますね。
4mm(右)でちょうどいいぐらいです。
これより広いとちょっと間延びして見えると思います。
農家出身の嫁にみせたら、4mmの方が実感的だというお墨付きをもらいました。
レジンを流して、固定されたら高さを切りそろえます。


孔あけからここまでで約1時間。
確かに手間はかかりますが、さほどイヤな作業ではありませんでした。
好きな音楽でも聴きながら一日2時間ぐらいずつ作業すれば数日で終わるのではないかと思います。

やっているうちに効率を良くするコツが見えてきました。
一番めんどうなのはネコジャラシからむしった株が良い形になっていない時でした。
最初に全部むしっておきますが、この時に適当にやらずに良い形になるよう、ちょっと気を付けていれば後の作業がかなり楽になると思います。
板に開けた孔は0.7mm。
それにちょうどいい株は、毛が4〜5本ついているものです。
そのようなそろった形にむしっておくといいわけです。



画像

植え付けが終わると、クリスタルレジンを流します。



画像

レジンを流し終わった所です。
気泡がたくさん入っていますね。
写真右の田にはスモークグレーで着色したレジンを入れました。
左の無着色のものと全く違いはわかりません。
着色した方に気泡が目立つような気がするので、本番では着色はやめようと思います。
この気泡ははたして後で消えるのでしょうか。
レジンは毛細管現象で隙間に這い上がってくると言われているので、この状態でどの程度這い上がりがあるのか、それも見てみたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!やってますねぇ。
これは1区画3cm×5cmくらいですか?これでリアリティこのですから、もっと広い面積一面にこれをやったらさぞすごい風景になるに違いありません。
そうですか…あまり苦になりませんでしたか。
こういった忍耐の必要な作業はレイアウト製作にはいたるところに転がっています。
ちょっとショックな話ですが、私はそうした作業に全く向いていないと自覚しました。
うらやましい限りです。

genchichi
2009/03/15 18:01
genchichi様 こんにちは

単純作業が苦にならないというわけではありませんが、なるべく効率よく、楽にできる工夫をしようとは考えています。
治具の使用もそうだし、下準備もそうです。

このような田植えは正確さが要求されないので、精神的には非常に楽です。
頭のスイッチを切るというか、今から2時間だけ感情を捨てて手だけ動かす、と決意(大げさですね!)してから始めると出来てしまいます。

車輌のリベットを植えたりする作業に比べると、ゆががんでもかまわない分だけ気が楽です。
私の場合、集中力が持続するのは2時間ぐらいなのでその辺が潮時だと思っています。
初瀬春日@管理者
2009/03/15 19:54
こんばんは。
農家出身のお墨付きとはさすがですね。
脱帽です。
とと
2009/03/16 00:41
とと様 こんにちは

嫁はいつもは私の模型に見向きもしないのですが、田んぼだけは意見を言ってくれました。
作り始めの頃には田んぼを塗装していると「色が違う」とクレームを付けてきました。
やはり見慣れているものには敏感になるようです。
初瀬春日@管理者
2009/03/16 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(32):田植え(試作) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる