がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8620の製作(その1)

<<   作成日時 : 2009/06/15 00:22   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像

以前から続けているN客車の仕上げがここまで来ました。
まだ全部にはインレタを貼っていません。
細かい作業の連続に目も神経も疲れ果て、無性にハンダごてを持ちたくなりました。

N客車の仕上げはボチボチとスローペースで行うこととして、久々に気合いを入れて大物にチャレンジしてみようと思います。



画像

長い間棚の飾りになっていた珊瑚の8620キットです。
数年前に出た最新バージョンで、一般的なイコライザー仕様になっています。
金色に輝くパーツ類は期待を抱かせると同時に、かなりの威圧感で迫ってきます。



画像

とは言っても、このキットのありがたい所は台枠が既に組んであることです。



画像

第2〜第3動輪間のイコライザーが見えます。
第1動輪は中央1点の支持で、オーソドックスな3点支持です。

これで走りは問題なさそうです・・・・・・ところが、
何の気なしに転がしてみると、何と引っかかりがあるじゃないですか!
それもある一定の場所で引っかかります。
まさか位相が?
と、焦りながらロッドを全部ばらして、ロッドの裏や動輪のねじ穴のバリをペーパーでヤスッたら、スムーズに転がるようになりました。
正直、ビビリました。
位相が狂っていたら調整にえらく手間取るところでした。



画像

気が落ち着いたところで、まずは走行関連をきっちりとしなければ、ということで、シリンダーブロックを組みました。
まだ仮止めの段階です。



画像

メインロッドを付けて、坂道を転がすとスムースに転がってくれて一安心です。
この写真は左に置いた角材で転がるのを止めている、という図で、転がりが良いことを静止写真で表現したものです。
実は

ダマタカさんのブログ

の真似です。

手前に置いてあるベークライトの角材は垂直の目印です。

さあ、これでとりあえず下回りはどんどん進めそうです。

製作目標としては、とにかくきっちりと組むこと。
過度なディテールは行わず、すっきりと仕上げること。
混合列車を牽かせたいので、五能線の雰囲気が出るようなタイプにすること。

さて、どうなりますやら。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

86ですか!!!
キットをお持ちだったんですか!
いいなぁ〜

軽やかな感じがとてもカッコいいカマですね。
五能線のイメージだと、オハユニなどを含めた60系数両とか、混合列車もいいかもしれませんね。

初瀬さんの製作記、楽しみに読ませていただきます。

ダマタカ師匠、今度はC57されるみたいです。
Por6071
2009/06/15 00:50
コメント連投ごめんなさい。

もし、86実機の写真をお探しのときがありましたら、いつでもおっしゃってください。

梅小路の8630を、いろんなところから写真撮っていますので。

さしでがましいコメでごめんなさい。
今後ともよろしくお願いします。
Por6071
2009/06/15 00:54
Por6071様 こんにちは

このキットはネットで探しまくって、やっと1輌だけ残っているのを見つけて通販で買ったものです。
珊瑚のキットはどうも流通する数が少ないみたいです。

8620の資料は自分で撮った写真はゼロなので、写真集が頼りです。
わからないところが出てきたらぜひ教えていただきたいので、その時はよろしくお願い致します。

8630は五能線にいたけど随分原形に近く復元されているみたいですね。
初瀬春日@管理者
2009/06/15 08:25
おはよー
五能線 S48年、カミサンと婚前旅行で
弘前→秋田 行きに、乗りました。

8620と9600を、駅で交差待ちしている
姿を見ました。
たしか、あれが最後の頃の勇壮でしょう。

何か? 触発されて、キットを引っ張り
出してきましたね!! 楽しいなーー
8620は、スッキリしたスタイルです。

1輛持ってます。意外と大型で、小回り
が(R=700以上)ききません。

シリンダーブロックを組む手順、取り付
け板を後にして見たらー

動輪組んであつても、見直しが肝心。
怪我の功名て、やつですね??
他の物も、接する面、ハンダするとこ
すべて面取り、面仕上げ、しましょう。
珊瑚は、比較的出来がいいが、肝心な
とこ、手抜きがあるので、ご留意を。
小さな親切、大きなおせっかいでした。
ダマタカ
2009/06/15 10:50
ダマタカ様 こんにちは

実物を見られていたとはうらやましい。
最近ブログで蒸機を組む人が多いので、やりたくなっちゃいました。

シリンダーブロックは骨組みを先にしないと、ゆがみそうでとても安心できません。
カバーを先にして真っ直ぐできる自信はないです。

700Rしか通過しないんですか!
先台車をうまく調整してせめて600Rぐらいは通したいですね。
曲線通過が一つのポイントになりそうです。

自分で組む物はいつも面をきれいに仕上げるのですが、下回りは「調整済み」とのことだったので・・・・
信頼しすぎはダメですね。
初瀬春日@管理者
2009/06/15 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
8620の製作(その1) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる