がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機500の制作(1):イコライザー

<<   作成日時 : 2009/12/05 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 6

しばらくの間、気楽な工作を続けてきましたが、そろそろ気合いを入れ直してキットを組んでみようと思います。
題材は珊瑚の500型キット。
画像

そのまま組めば優雅な古典蒸機に仕上がりますが、好みで空制化後の姿にしてみたいと思います。
500は私鉄に譲渡されたものもありますが、全体数が少なく、またかなりマイナーな専用線などへの譲渡が多かったため、空制化後の資料がほとんどありません。
かろうじて、江若の539の写真を数枚見ることができたので、それを頼りにします。
資料はKKC主宰の、仙台のK氏に見せていただきました。
大変ありがたかったです。


画像

さて、キットの構成ですが、一時期の珊瑚キットに多用されていた、線バネをイコライザーの形にして軸箱に架ける方式です。
一見良さそうですが、やはりイコライザーの作用は全くなく、姿勢が安定しないので普通の三点支持に変更します。


画像

まず、線バネと同じサイズでイコライザーを作ってみました。
台枠のスペーサーに溝が切ってあり、そこにはめ込むことができて都合がいいと思ったのですが、見通しが甘かったです。
矢印の部分の剛性が不足して両端がたわんでしまい、失敗です。


画像

そこで、台枠の隙間に収まるような形でイコライザーを作りました。
材料は0.5mm厚洋白板です。



画像

イコライザーを留めるのに、買ったばかりの旋盤を使って段付きネジを作ってみました。
ちゃんとしたパーツを作るのに初挑戦です。
まず、このような物を引き出しました。
直径は3mm、段の部分は径2.0mm、段差が0.6mmです。
中央に径1.1mmの穴を開けてあります。




画像
段付きネジは、ネジを旋盤では切らずに、市販の1.4mmネジを使用します。
この方法はJAMでやはりK氏が旋盤クリニックをされた際に公表された内容です。
旋盤クリニックのDVDをK氏にいただいて勉強しました。
本当にK氏には感謝感謝です。
引き出したパーツをピンバイスにくわえ、中央に1.4mmタップを切り、1.4mmネジをねじ込みます。
その際、ロックタイトをつけて完全に固定してしまいました。



画像

イコライザーを組み付けました。
段付きネジを締め込んで、イコライザーがガタが無く、滑らかに動いたのを見てバンザイと心の中で叫びました。
一番心配していたのが、0.6mmの段差が正確に削れているか、ということでした。
旋盤の精度は私が思っていたよりも確かなものでした。
台枠の上端に近い場所なので、ドライバーを少し斜めにして締めることができるので、組み立て、取り外しが非常に楽にでき、万々歳です。

このキットでは軸箱の上下動が0.5mmしかなく、イコライザーの動きも微々たるものですが、手で押して試してみると確実に作動しているようで、やはり線バネよりは走行が安定するものと思われます。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
始めての、
 旋盤加工品のお披露目ですね!
内緒ですが、
 余分に、何個位作ったの〜〜
あははーー、聞かない事にして
 おきましょう。
上手に、作るれましたね??

先般、グラインダーは、無用との
ご意見がありましたが、東芝の刃研
ぎ、5,000,-程度の物必要です。
刃を研ぐよりも、刃の角度を変える
既製品の突っ切り刃、や、他の刃も
工作面に合っていない事が有ります
その、修正のために。
ダイヤモンドヤスリじゃー日が暮れる
ドリルチャック有るんですね。

また、ネジを長くして有るのは、
別の目的の、兼用でしょうか?
何時も、考えていますねーー。
ダマタカ
2009/12/06 19:47
ダマタカ様 こんばんは

これを作るのに失敗作は2個だけです。
意外と歩留まり良かったですね。
でも、その前に30cmほどの真鍮棒一本使って練習しました。

何度かやってると雰囲気がわかってきますね。
ドリルチャックはセットに入っていました。
入門用に組まれた特別セットです。

ネジは後で長さを合わせて切ろうと思って、長いままにしてあるだけです。

こういう単純な削りだけでなく、いろんな工夫が出来るみたいなので、これから試していこうと思っています。
初瀬春日
2009/12/06 21:34
おはようございます

イコライザーですかー

こういう駆動制御系の工作はあこがれるけど今の自分には発想、技量、機械全てなくて届かぬ夢のような世界です。

私だったら台枠に穴あけて、瞬接とかでくっつけてしまいそうですが、、ネジの方が良さそうですね。

せめて発想だけでも勉強させていただきたいな、と拝見しています。
Por6071
2009/12/07 07:41
Por607様
コメントありがとうございます。

こんなの慣れればたいしたことないですよ。
世の中にはもっと超人的な方がたくさんいます。

私も、最初はTMSの記事を見ながら見よう見まねでやってました。
最初は糸ノコとヤスリしか無かったです。

まあ、こういう工作は自己満足の世界でもあるので、ご自分の作風で作られればいいと思います。
自分の好きなように作ったものが、自分にとって最高のものになるんだと思います。
初瀬春日@管理者
2009/12/07 11:29
珊瑚のスペーサーの軸バネ用の溝そのまま使う場合は、イコライザーの矢印の部分を太く作って、動輪押さえ板の当たる部分をくり抜くという方法もありますょ
ゆうえん・こうじ
2009/12/11 01:29
ゆうえん・こうじ様
コメントありがとうございます。

動輪押さえを抜くのは気が付きませんでした。
この方式にして、早速集電ブラシ台の取付に支障が出てしまいました。
集電ブラシ台は台枠の内側にあたる補強部分を切除し、新たに台枠外側で補強せざるを得ませんでした。
初瀬春日@管理者
2009/12/11 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機500の制作(1):イコライザー がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる