がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機500の制作(8):下回り試走

<<   作成日時 : 2010/01/06 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

下回りを仮組して、試運転しました。
画像

弁装置はJOY式という、ちょっと変わった方式になっています。
引っかかりもなく、スムースに動いてくれて、まずは一安心です。

動画を撮ってみました。


弁装置の動きがおもしろいです。

先輪と従輪がカーブで干渉しそうなので、何らかの調整が必要ですが、とりあえず直線はちゃんと走るメドがたちました。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

試走成功おめでとうございます。
ロッド類がスムーズに動くまで、私はいつも不安でたまりませんが、初瀬さんのようなベテランの方でもそうなのかなぁ、とか思いました。

古典機って、弁装置などの足回りが多彩で、魅力の一つなんですよね。

国鉄近代機から入っていくと、「これでも動くんだなぁ」とか思うこともあります。

動画、その他の動画も併せて拝見しました。86とオハニのミキストが雰囲気良すぎてシビレました!
Por6071
2010/01/06 17:29
Por6071様 こんばんは

旅行は楽しまれたようで、よかったです。
なんと日本列島制覇とは、思ってもいませんでした。
お疲れ様でした。

蒸機はロッドが引っかかって走らないと、お話にならないので、やはりスムースに走るかどうかは一番の心配事です。
ディテールはその次ですね。

8620の動画はフォーカスも合ってないし、サウンドも出なかったけど、気に入っていただければ嬉しいです。
いずれ整備して撮り直したいと思っています。
初瀬春日@管理者
2010/01/06 22:43
動画見ました!
ロッドの動き、最高に面白いです!
なるほど、古典蒸機の楽しさのひとつが
こういうところなんですね。
また1つ勉強になりました。
高津鉄道クラブ
2010/01/08 09:11
高津鉄道クラブ様 コメントありがとうございます。
うまく動いてくれて喜んでいます。

私なんか、あまり知識もないし、キットのまま組んでいるだけですが、こんな蒸機を自分で設計して自作する人もたくさんいるんですから、まだまだ奥は深いです。

でも、どんな蒸機でもロッドの動きを眺めるのは
楽しいです。
初瀬春日@管理者
2010/01/08 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機500の制作(8):下回り試走 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる