がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(7):駅前商店の製作:引き戸

<<   作成日時 : 2010/06/11 01:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

窓桟や引き戸にはシャープなレーザーカットのエコーパーツを使おうと思っていましたが、買ってきていろいろと合わせているうちに、どうもシャープすぎるんじゃないかと思い始めました。
そこで、引き戸を自作してみました。

方法は、よく紹介されている、ガラス用のプラ板に細く切った紙を桟として貼り付けてゆく方法です。

画像

たくさん並べてプリントした型紙の上にプラ板をテープで止め、型紙に従って貼ってゆきます。
プラ板には、今回は0.3mmのアクリルを使ってみました。
傷が付きにくく、薄くても丈夫だと思ったからです。

この方法で一番難しいのは桟を接着する方法です。
一般的には両面テープを紙の裏に貼っておいて一緒に切り出し、そのテープで固定すると言うものです。
ところが、私はどうやっても両面テープの厚みが気になるのと、ずれやすいのが嫌でゴム系接着剤を使いました。
塗布しにくいですが、薄くのばして付けるときれいに張り付きます。
とりあえずの接着強度は良さそうです。
長期の耐久性は今後の課題と言うところです。



画像

型紙から剥がしましした。
バツを付けた部分は失敗したところです。
この手のパーツを作る最大のコツ(?)は、余分に作って良い物を使うことだと思っています。




画像

切り出しました。
ガラスが白いのは照明で光っているからで、本当は透明度が高いです。
せっかくなので、桟のパターンはパーツと違えて2種類作ってみました。

エコーのパーツはさすがにシャープで、桟の太さは自作品の半分ぐらいです。
今回は一応0.5mmで切り出してあるので、パーツは0.2〜0.3mmぐらいではないでしょうか。
でも、他の部分とのバランスという点ではどうでしょうか。
また、私の記憶にある駄菓子屋の引き戸は、立て付けの悪いガタガタの戸で、木の桟もゴツゴツしていたし、この自作品の荒っぽい感じの方が印象に近いように思っています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
駅前のセクション、
建物を、自作して行くんですね、
手始めに、商店の外壁を重ね合わせ
窓の枠取り、引き戸に桟を入れる。
何と? 細かい作業をーー

屋根瓦も表現するんですよね〜〜
何棟も? ご苦労様!!

ダマタカなら、筋を入れて誤摩化
しちゃうとこを、手を抜かない。

特に、桟木の表現好ましいと思い
ます。良く書いてしまう方を見受け
ますが、立体感に乏しい。

気の遠くなる様な事を始められたん
ですね?? 呆れて、ガンバって下
さい。としか、言い様が無い!!
ダマタカ
2010/06/12 07:39
ダマタカさま おはようございます。
お誉めいただいてありがとうございます。

細かいように見えて、あまり込み入ったことはしていません。
気の遠くなるような作業をなるべく避けるために、簡略化出来るところは出来るだけ手抜きするようにしています。

一番の省力化は、CADで作った図面を何度でもプリントして、手作業のケガキをしていないことです。
ケガキの手間がはぶけ、しかも正確な線が引けるので、その線に沿ってぺたぺたと細い紙を貼っているだけなので、あまり苦労はしていません。

瓦もプラ製のパーツを使う予定です。

手抜きしながらこだわりの作業のように見せる、そんなごまかしのテクニックはだんだんと覚えてきました。
初瀬春日@管理者
2010/06/12 12:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(7):駅前商店の製作:引き戸 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる