がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(9):駅前商店の製作:本体の組立

<<   作成日時 : 2010/06/14 00:29   >>

トラックバック 0 / コメント 2

窓ガラスがすべてうまく窓にはまることが確認できたので、本体を組み立てました。

画像

まず、裏に2mm角材を貼り付けて補強します。



画像

ゆがみに気を付けて組み上げました。



画像

反対側です。



画像

開口部が大きくて中がよく見えるので、簡単に内装を作ることにしました。
まず、内側をバフで塗装し、床のベースをうまくはまり込むようにボール紙から切り出しました。
店舗の壁際と、裏の台所は板敷きになるので、その部分だけ先に仕上げておきました。
茶色く塗った紙を細く切って並べて貼ったものです。
よく磨かれた板敷きは黒っぽく光っているので、黒っぽい茶色で光沢を出して塗ってみました。
畳はパソコンでプリントしたものを貼り付ける予定で、試作品を置いてみました。
色合いもイマイチで、本当は畳の目が見えるつもりだったんですが、プリントしたら全く出ませんでした。
畳の向きによって目が変わるのを表現したかったんですが、もう少し原画を検討する余地があります。
画像

店先からのぞき込んだところ。
仕上がりでは、座敷の前には壁とふすまがあって店から座敷は見えなくなります。

ここまで形が出来ると完成が楽しみになってきました。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
内装も作るんですか?
まさか、あの重量感を求めている方のレベルになっていくんじゃ…
私は、建物の中身が面倒で、どんなスタンスで作っていくのか迷ってます。できれば一切作らないでなんとかならないものかと。
時代劇の建物は全部障子でいいなぁなんて思ってしまいます。
genchichi
2010/06/14 21:14
genchichiさま こんばんは

内装と言っても、車輌に椅子を付ける程度のレベルです。
例のあの方の細密度は別次元で、とてもあの作り込みは真似できません。

逆に、中ががらんどうだと、のぞき込んだときに興ざめしてしまいます。
最低限の内装として、適当な色で塗装する、各部屋の壁を作る、ぐらいはやるべきだと思います。
genchichiさまのブタ小屋も内部のブタを入れる柵がなければ全く様にならないでしょう?

内装なんてボール紙に壁色やフスマ色を塗って立てるだけです。
フスマの模様はパソコンで出力するつもりなので、ほとんど労力は要りません。

実は内装の工作で一番面倒なのは間取りを考えることなんです。
一体、何ミリの幅でどこに壁を作ったらいいのか、窓の位置と見比べて考えるのがとても大変なのです。
以前、Nのプラキットの内装を作っていて、間取りと窓位置の矛盾をまとめるのに非常に苦労しました。かなりいい加減な位置に窓があったりするんです。
間取り図を最初に書いておくのはそのためで、あの図のままに壁を立てればいいだけなので、とても簡単にできるはずです。
初瀬春日初瀬春日
2010/06/15 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(9):駅前商店の製作:本体の組立 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる