がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(12):間仕切り

<<   作成日時 : 2010/06/26 00:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

窓を開放してあり、中がよく見えるので簡単ですが、室内を作りました。

画像

室内は壁とフスマ、障子で構成されています。
フスマと障子はパソコンでプリントした物を切り出し、ボール紙の壁に貼り付けました。



画像

壁の色を塗り、鴨居と柱を付ければこうなります。



画像

現物合わせで削ったりする行程が多くて、途中写真を撮る余裕がありませんでした。
いきなり完成です。



画像

画像




画像

風呂場には風呂釜も作ってしまいました。
もちろん、五右衛門風呂と言われる、鉄の釜に直接入る風呂です。
皆さんご存じだとは思いますすが、そのまま入ると火傷するので、木の板を踏んで沈めながら入ります。
実物は、兵庫県の親戚の家で実際に入ったことがあります。
また、家内の実家がこのタイプでした。
残念ながら、結婚を機に新しい風呂に変えられてしまいました。
(若夫婦の里帰りのためにリフォームしてくれたのに、残念ながらなんて言っては叱られますね。)



画像

風呂釜は予定どおり、窓からよく見えます。



画像

店舗部分。こうして見ると結構狭いです。



画像


後は外回りのディテールです。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
五右衛門風呂ですか・・
私も幼少の時、祖母の実家で入ったことが
ありました!
すっごく狭くてマキの匂いが漂っていた記憶があります。
たしか、風呂釜の周りはこのように群青色で、小さなタイル張りだったような・・

お風呂側の外壁の板も縦に取り付けて芸が細かいですね!

居間側の雨戸の取り付けも楽しみです!
高津鉄道クラブ
2010/06/26 09:09
高津鉄道クラブさま いつもコメントありがとうございます。

おぼろげな記憶で、やはり青っぽいタイル貼りだったような気がして、こんな色に塗ってみました。
間違ってもピンクや黄色などの鮮やかな色ではなかったです。

今思いついたんですが、外に風呂の焚き口を付けなければいけませんね。
初瀬春日@管理者
2010/06/26 13:25
パソコンで作図してプリントで色付け、
壁、障子、柱、鴨居
壁、襖 、柱、鴨居、適材適所に

外からガラス越しに室内が見える
内装の演出が行き届いています。
素晴らしいなーー
ダマタカ
2010/06/26 15:04
ダマタカさま コメントありがとうございます。

内装は手抜きの紙細工なのに、そんなに褒めていただくと舞い上がってしまいます。

パソコンをうまく使うと手軽に見映えよくできますよ。
初瀬春日@管理者
2010/06/26 17:42
内装の効果、とてもよくわかります。
面倒でいやだなぁと思っていましたが、建具だけ印刷して貼る方式は、すごく合理的だと思います。
量産しておけば、いつでも手軽に内壁が作れますね。
これぜひマネさせてください。

やっぱりこのくらい再現すると、大きく戸口を開けたときサマになります。さすがです。
でもここまでやると、この後に、ちゃぶ台、テレビ、茶だんす、冷蔵庫・・・・と欲しくなって、やっぱり「あの方」のレベルに到達してしまうんじゃ…
genchichi
2010/06/29 00:38
genchichi様 こんにちは

内装はどうせあまり見えないので、雰囲気だけ出るように、なるべく簡単にできるよう、手抜きする工夫をしています。

もちろん、私もタンスやちゃぶ台を置きたくてたまらないんですが、全部自作する気力はないのでエコーのパーツを使う予定です。

「あの方」とは細かさのレベルが違いすぎます。
私はパーツのタンスを置くだけ、「あの方」は1mmのサイズのものを自作ですから。
とても真似できません。
初瀬春日@管理者
2010/06/29 11:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(12):間仕切り がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる