がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(15):農家の離れ(1)

<<   作成日時 : 2010/07/04 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2軒目のストラクチャーは、こんなイメージで作ろうと思います。

画像


これは下の写真の建物をアレンジしたもので、農家の離れですが、半分が倉庫になっているようです。
画像


例によって、立面図と平面図を書きました。
立面図はそのまま型紙として使えるよう、メモ書きや補助線などを書き入れてあります。
画像

画像





画像

この建物の壁の一つはほぼ全面が開口部となります。
窓や戸の開口部は建具をはめ込みやすいよう、1mm角材で縁取りしますが、その角材がピッタリ1mm角ではないため、設計図通りに切り抜くと大きな誤差が出てしまいます。
仕方ないので、この面は建具の寸法を基準に、建具の周りを囲むよう、まず角材を組んでしまい、誤差は最終的に両端の壁で調整することとしました。
型紙に直接あてて、角材を組んでゆきます。





画像

最初は木工用ボンドの点付けだけで、不用意に触るとすぐ取れてしまうほどです。
サイズや直角が確認されたら、裏から瞬間接着剤を少量流して固定します。
これでかなり丈夫になりますが、まだまだ取り扱いには最大限の注意が必要です。
戸の部分には型紙から切り出した建具をはめ込み、サイズを直接確認します。



画像

角材を塗装し、壁部分にボール紙をはめ込んで接着します。
要所を瞬間接着剤で固め、ようやく扱いやすくなりました。




画像

他の面は窓が少ないので、従来通り、ボール紙に窓を切り抜き、角材をはめ込む方法です。



明日以降、下見板を貼ってゆきます。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1棟落成したばかりなのに、もう次の仕事ですか。すばやいですね。
どんなストラクチャーが欲しいか、イメージをはっきりお持ちだからこそできることだと思います。
また、その原型となる実例資料を既にお持ちだということも大きいですね。さすがです。
私の場合、イメージを決めると、そのディティール確認のため、泥縄式に原型探し始めるありさまです。
genchichi
2010/07/04 23:46
genchichiさま いつもコメントありがとうございます。

10年以上前から、「いつかは作りたい」と思って撮りためた写真が膨大な量あります。
整理もぜんぜん追いついていません。
その中から、イメージに合い、作りやすそうなものを探すのは楽しい作業でした。

私の場合、ストラクチャーや風景など、イメージはいくつも頭の中にあるんですが、具体化できるか、と言われればかなり怪しいものも多いです。
でも、ある程度方向性が決まれば、それに使うものを選ぶのは割合と楽です。
初瀬春日@管理者
2010/07/05 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(15):農家の離れ(1) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる