がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(35):駅舎屋根の仕上げ

<<   作成日時 : 2010/10/17 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ストラクチャーの屋根部分が未完成だったので、仕上げをすることにします。
まずは駅舎からです。

画像

まず、1mmプラ板で土台を作ります。
これはコンクリート仕上げですので、タミヤのミディアムグレイで塗装しておきます。
フラットベースを多めに入れ、筆でムラが残るように塗装するとコンクリートの質感が手軽に得られます。
情景用ペイントなどでザラザラの質感を付けると、かえってオーバーな表現になってしまうので、これぐらいがいいのではないかと思っています。

画像

ヒサシを作ります。
STウッドに1mm角材を貼ります。
角材の一辺は斜めに削ってあります。




画像

STウッドにスジ彫りした0.3mmプラ板を貼り重ねます。
板金細工のトタン屋根という想定です。




画像

支えの角材を付けます。
1mmでもまだ太いですが、これ以上細くすると強度が全く得られません。
金属角材を用いる手もありますが、上手く接着できないのでやめました。





画像

塗装して接着しました。
接着にはゴム系を用いました。
幅の広いヒサシには支えの角材を斜めに渡しました。




画像

屋根の軒の裏には、「たるき」と「もや」を簡単に表現しておきます。
いずれも1mm角材を短く切って貼り付けただけです。
車輌の台枠表現と同じで、ほとんど見えないが、何かの拍子に見えると非常に実感的です。
半分以上は自己満足の世界です。




屋根を塗装し、破風をつけて完成となりました。
屋根はつや消しのフィールドグレイで、このままでは色が薄くて単調ですが、ウェザリングすると良くなると思います。

画像


画像


画像


画像


画像

下からのぞき込むと軒下の角材が見えます。




画像

普通の視線ではこの程度にしか見えません。
こんな見えないものは要らないんじゃないかと言われそうですが、私にとってはこのチラリズムが何とも言えないんです。




<追記>
あまりに屋根の色が気になったので、エナメルの黒でウォッシングをかけました。
ちょっと落ち着いたと思います。
アクセサリィ類は後の楽しみにとっておきます。
画像


画像


画像


画像


画像







にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(35):駅舎屋根の仕上げ がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる