がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(36):側溝

<<   作成日時 : 2010/11/10 01:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

雨の多い日本では、どこに行っても雨水を流す側溝があります。
レイアウトでも側溝を設けることによって、実感実が増すのではないかと思っています。

画像

建物周囲と線路脇を中心に側溝を掘ります。
出来上がっている地形に溝を掘るのはちょっとしんどかったです。




画像

側溝にはU字溝のような、コの字型のパーツを埋め込みます。
これはプラ板を接着して作りました。
少々面倒でしたが、市販品のプラチャンネルなどで利用できるサイズが無かったので仕方ありませんでした。




画像

U字溝を量産するのには、チョッパーが活躍します。
一定の長さにプチプチとあっという間に切れてしまいます。




画像

組立には適当な真鍮片で治具を作りました。




画像

治具にプラ板をはめて接着剤を流すと、簡単に組み立てられます。
いったん始めてしまうと量産にはあまり時間はかかりませんでした。




画像

完成したU字溝です。




画像

線路脇にも側溝をめぐらせ、グレーで塗装しました。




画像

線路の両脇の側溝は線路の下をくぐってつながっています。
(実際にはトンネルは両側から1cmほどだけです。のぞき込んでも奥が見えないよう、つや消し黒で奥を塗っておきました。)




画像

プラ板にスジ掘りしてトンネルポータルを作り、




画像

線路下をくぐる側溝の出口に取り付けました。

側溝を付けると単調な地形に人が関わっている雰囲気が出てきます。
今回の作業で一番大変だったのは溝掘りで、溝が掘れてしまうとあとはパーツをはめ込んで接着するだけなので、すぐにできあがりました。
わざわざ短いU字溝をたくさん使ったのは、地形の形に添って側溝がゆるやかにカーブしている様子を表現したかったからです。
新興住宅地などでなければ、側溝がずっと一直線になっている部分は少ないです。






にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当時は駅構内を歩いていても、機関車ばかりぼーっと観ていたので
側溝等、みじんも気がつきませんでした。
なんと観察力が無いことかあ・・!

東北地方などで撮った写真をよく観ると、たしかに大きめの側溝がクネクネとありますね。
いいですね、側溝!
ジグを使うとこんなに綺麗にできるんだあ〜。
真鋳キットをカッチリ作る名人の知恵ですね!
TTC8620
2010/11/11 09:34
TTC8620さま こんにちは

私も以前は側溝なんで、存在すら気がついてなかったです。
あるとき、模型誌で非常にリアルなレイアウトを見ていて、側溝の存在感に気づきました。

こんなに長い側溝を作っても、多くの部分は蓋をしたり、草で隠してしまいます。
それでも、チラリと見えるリアリズムは期待できると思います。

名人なんて持ち上げないで下さい。
治具はうまく作ると便利で、仕上がりもきれいになるのでおすすめです。
初瀬春日@管理者
2010/11/11 11:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(36):側溝 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる