がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(39):紙粘土作業開始

<<   作成日時 : 2010/11/17 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

紙粘土による、地形の造成作業を開始しました。

画像

最初は石垣。
これは塗装をするので、充分に乾燥させるために最初に作っておきます。




画像

石垣はこのような道具で型押しして作ります。
この技法はかなり古くから紹介されている方法です。
3mmパイプを少しつぶしてハンダで固定しました。
左右、2種類あるのにご注目。
石垣は左、右、と、石の向きを交互にして積まれています。
この技法は簡単で非常にすぐれたものだと思います。




画像

今回は、最初に周囲の化粧板を先に貼ってしまいました。
作業中に汚れる恐れもあるのですが、化粧板と地形の間に隙間ができるのを避けたかったので、先に貼りました。
0.75mm厚のポリプロピレン板です。
塗装はタミヤの缶スプレーのレッドブラウンを吹きました。
塗装や接着に難のあるポリプロピレンですが、表面に粗面加工をしてあるためか、塗料はうまく乗ってくれました。
あまり剥がれる気配もありません。
接着はポリプロピレンにも可と書いてある、ボンドGPクリヤーという、ゴム系を用いました。




画像

石垣を塗装しました。
アクリルのジャーマングレイを塗ってから、すぐに溶剤を含ませた布で軽く拭き取ります。
石の表面が白っぽくなり、目地に濃い色が残ってなかなかいい感じになります。
この時点では全くウェザリングはしていません。




画像

次は適当な木片でこんな物を作り、スモークで着色しておきます。




画像

踏切の前後の土留めです。

紙粘土作業も少し始めています。
地形の基本の形は木材でできているので、紙粘土は薄く塗りつけるようにするだけです。
木材の隙間を埋めるのが主な目的と言ってもいいかもしれません。

入り組んだ地形にきっちりと塗りつけるのに意外と手間取り、時間がかかりそうです。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(39):紙粘土作業開始 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる