がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(51):緑化の続き・資材置場

<<   作成日時 : 2011/02/10 00:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

地面に草を植える作業もそろそろ終わりに近づいてきました。
後半になって、建物の周囲が主な作業場所になってきましたが、建物の近くにはいろんなものが置いてあるので、草を植えるときにはそれらのアクセサリィ小物を設置してから草を植えるようにしています。
そうしないと、後から小物を置くと草の上に浮き上がってしまい、肉眼では気がつかなくても後で写真を撮って愕然とすることになります。
アクセサリィ小物を作りながらの作業になるので、効率が悪くなっています。

画像


その一つがこれ。
エコーのドラム缶を切って作った焼却炉です。
エコーから「ゴミ焼き器」という製品もありますがそれは蓋のあるちゃんとした形の物で、単純にドラム缶を切断しただけのものが欲しかったのです。
切断したまではよかったのですが、上部にゴミを入れるための窪みを掘るのにえらく苦労しました。
ドリルで少しずつさらってゆくのですが、ホワイトメタルなのでバイスにくわえることができず、指で強く押さえながらの作業のため、指が痛くなって大変でした。
なんとか2mmほどの窪みを掘ることができました。
下部にはヤスリで少し削って焚き口の孔に見せかけてあります。
どちらもツヤ消しの黒で塗った後、ウェザリングブラックと蚊取り線香の灰を混ぜて塗りたくり、木工用ボンドで付着させました。
上部の窪みには角材やボール紙を本当に火で焦がしたものを突っ込んであります。
これは蚊取り線香の火に近づけて焦がしました。ローソクの炎などでやるとあっという間に燃えて無くなってしまいます。危険でもあります。





画像


設置しました。
周囲にはウェザリングブラックと灰を適当になすりつけました。




画像

この焼却炉のある貨物ホーム周辺は、すでに貨物扱いが無くなって資材置き場となっています。
線路周辺にも随分草が生えています。
もう少し草を増やして「草むした線路」にした方がいいかもしれません。

画像

積まれた枕木は自作です。サイズは2x2.5x26mm。レイアウトモデリングに書かれていた標準的な国鉄の枕木のサイズです。
他の小物はエコーのパーツを使用しました。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
なかなかネット閲覧する時間がなく、久しぶりにお邪魔したのですが、駅前セクションは素晴らしい状態になっていますね。
生意気な言い方で申し訳ありませんが、田植の里のときと比べて、草の表現に劇的なブレイクスルーを感じます。
特に貨物側線周りは抜群の表情です。
また、1月22日の記事で線路脇の草むらに黄色い花が咲いていますが、これもスゴイです。
花が咲き乱れているようにしか見えません(菜の花と思いましたが違いますか?)
私も早く追いつきたいと思いつつ、全く手が動きません。
なんとも情けないです。
genchichi
2011/02/21 22:39
地面の表現には随分とノウハウをお持ちのgenchichi様に褒めていただくと素直に嬉しいです。
生意気なんてとんでもない。
未だに参考にさせていただく部分が多いです。

今回は何が変わったかと言うと、時間をかけて丁寧にやっていることでしょうか。
一気にやらないで、10cmか20cmずつ、考えながらやっています。
小包装になって買いやすくなったミニネイチャーを使ったことも大きいです。
花は最初は何の花かわからなかったですが、一応菜の花ということにしました。
これもミニネイチャーです。
初瀬春日@管理者
2011/02/22 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(51):緑化の続き・資材置場 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる