がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速ボール盤

<<   作成日時 : 2011/04/26 16:34   >>

トラックバック 1 / コメント 6

工具には不思議な魅力があります。
良い工具であればあるほど、所有するだけで充足感が得られます。
自分の腕も省みず、高級品を導入してしまいました。

と言っても古い中古品で、クラブ主宰のK氏より格安で譲っていただいたもの。
古くても状態は良いです。

画像

アシナ ASD-305-H というもので、卓上、小型、高速ボール盤という部類になると思います。
黒光りした巨体は、普通の住宅の部屋の中では威圧感抜群で、「素人は手を出すな」と無言のプレッシャーをかけてきます。
しかしプロ仕様といってもたかがボール盤、使い方は孔開けだけなので、何とか私にも使う事ができます。
高級品ということは剛性が高く、回転精度が良いということ。
そのため各部は頑丈にできており、結果として大きく、重くなっています。
重量は約30kg。
これを一人で抱えて2階の部屋まで持ち込み、さらに机の上に持ち上げました。
おかげで今日は背中から腰にかけて痛くて動くのがつらいです。

画像





画像

早速、試しに孔をあけてみました。
1mm厚の真鍮盤で、ケガキのみでポンチを打たず、4000回転であけてみました。
全くぶれず、スコッとあく感触は素晴らしいです。

後はこの機械に見合うよう、腕を磨かなければ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
venusgood.com
_{[_ __N_u_OEH[_GL /EFu_u_O ...続きを見る
venusgood.com
2017/01/07 02:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
良いものを手に入れられましたね。
うらやましいです。
私もいつかはアシナが欲しいですが、もう置く場所がありません。
ダブった機械は処分すればいいのですが、愛着があってなかなか処分できず、いつの間にか増えてしまいます。
ozu
2011/04/27 00:03
OZUさま こんばんは

コンさまのおかげです。
たった0.3mmの孔を開けるのに、凄い迫力です。
弘法筆を選ばずといいますが、弘法でない凡人は機械を選んだ方が多分うまくいくと思っています。
初瀬春日@管理者
2011/04/27 00:38
本格的な工具ですね。我が車輌工場は今のところアマチュア用ボール盤が1台あるだけで工作はほとんど手作業です。今のところ不便はありませんが,こういった物を見せられると一寸欲しくなったりもします。
杜の都車輌工場
2011/04/28 21:31
自分もいろんな人の工具を見て欲しくなりました。
実際、自分の腕前ではここまで本格的なものは必要ないと思うんですが、工具を所有することは何とも言えない魅力があります。
初瀬春日@管理者
2011/04/28 23:32
>工具を所有することは何とも言えない魅力があります。
しかし、それにはまると大変なことになります。私のところも、一時期工作機械であふれていました。
3年ほど前、捨てたり、人にあげたりしてようやく落ち着きました。
市販の模型用の機械は剛性が少なく、また出力が足らないので、最初から本物を手に入れる工夫を皆さんがされればよいですね。
dda40x
2011/05/02 09:01
dda40xさま コメントありがとうございます。

別にコレクションするつもりはないのですが、ついつい買ってしまい、増える一方です。
理想は、本当に手に馴染む道具が一つあればいい。
でも、どうも最初に買うのが下手なのか、いくつか買ってみないと気に入ったものが手に入りません。
先日いただいたトースカンなんて、シンプルだけどすごく良い品だと思います。
あんな道具に最初から巡り会うことはなかなか難しいものです。

最近ではニッパーが気に入らなくて、5つぐらいあります。
初瀬春日@管理者
2011/05/02 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
高速ボール盤 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる