がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ボールドウィン1310の製作(1)台枠試作

<<   作成日時 : 2013/04/01 22:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

そろそろ新作に取りかかりたいと思います。
お題はボールドウィン1310。
ボールドウィン小型タンクシリーズの中では最も新しい部類に入り、他の形式と少しイメージの異なる部分があります。

これを選択した理由は、まず小型タンクが好きだということ、そして決定的な理由は動輪でした。
手持ちにエコーの12.5mmが余っており、これを利用できる機種を物色していました。
この動輪は日車や汽車の地方私鉄・産業用ロコの専用みたいなサイズで、これらはエコーの出来の良いキットがあるのでわざわざ自作するまでもなく、他に使える物がないか探してみました。
この動輪径で三日月形のカウンターウェイト、となるとほとんど例が無く、1310がほぼ唯一といっていい存在でした。
同類でプロポーションの良い1000や4030などは過去にいくつも模型化されており、ちょっとニッチな所をという狙いもありました。

ともあれ、金田氏の資料と、クラブのU氏からいただいた非常に貴重な実物図面を参考に格闘し、なんとか模型設計図を書き上げました。

動輪径は1029 / 80 = 12.86で、12.5mmを使う上でまずまずの所だと思います。

画像

私の工作法は、まずこのような単純な図面を書いてみて、少しずつ作りながら不具合を修正していくという手順であり、最初からばっちりと全てが設計通りに収まるわけではありません。
板厚や部材の強度面、使用するネジ径など全く無視して作図しているので、いろいろと矛盾点が出てくるのです。

この図面を改めて見直してみて、キャブの位置がもう少し後ろで、前後長も少し長めの方が写真のイメージに近いのではないかと思えてきました。
一応本物の図面と重ねて書いたのですが、写真が完全な真横でないためちょっとパースが付いているのかも知れませんが、再度チェックすべき点です。

まあ、本製作に入る前に台枠は少し試作するので、その間に図面を見直したいと思います。




画像

その台枠の試作です。
ボールドウィンの棒台枠は何としても表現したいところです。
スケール通りだとかなり細くなり、強度やイコライザーの装着部が心配事項になります。
そこでその部分(第2−3動輪間)を試作してみました。
各辺の幅はスケールより少し太くしてあります。特に上辺はペデステルの部分で弱くなるのでかなり太めにしました。
材料は1mm洋白です。
イコライザーは0.5mm洋白で作りました。
支点をネジで締め込むサイズ的な余裕がないので、径0.8mmのピンでとめてしまおうと、ピンも旋盤で引いて作りました。




画像

イコライザーにハンダが回らないよう注意してピンをハンダで固定しました。
この辺のサジ加減はあまり難しいことはありません。
出来上がったものを指でいろいろといじくり回しましたが、ゆがんだりする気配もなく、実用強度は保たれていそうです。
イコライザーはちょっとヤワだったのでもう少しサイズアップした方がいいでしょう。




画像

動輪をはめてみて、軸間距離が小さいのにびっくり。
写真を見てもこんなものだと思いますが、スケールより小さめな動輪を使っているにも関わらず非常に間隔が狭く感じます。
フランジが実車よりも大きいためでしょう。
この間にブレーキシューも付くことになり、場合によっては0.5mmほど広げた方がいいかも知れません。
それでプロポーションが崩れないか、上述のキャブの件と合わせて、図面の再検討がどうしても必要になりました。

まあ、機能的には充分だと思われたので、少しの寸法の見直しだけで何とかなりそうです。






にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1310とは渋い選択です。
試作フレームまで作って検討されるところはスゴイです。しかも丁寧に作られていますね。

私は図面もろくに書かず、出たとこ勝負で進めるので、先々で往生しています。

進捗状況のレポートたのしみにしています。
railtruck
2013/04/02 12:29
railtruck様 恐れ入ります。

自分も図面がかなりいいかげんでして、いきなり作り始めると後悔することが多いので、この頃はよく試作するようになりました。
やはり何らかの問題点が見えてきます。
初瀬春日@管理者
2013/04/02 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボールドウィン1310の製作(1)台枠試作 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる