東武日光軌道線ED611:室内装置の下準備

前面を組み付ける前にしておくことがまだあります。
画像

前照灯のユニットを屋根裏に取り付けられるようにしなければいけません。
まず、前照灯ユニットの基盤を作りました。
真ん中らへんにリンドウ板(N用KATO製集電板の余り)をハンダつけし、接点とします。


画像

基盤をネジ止めするベースは、1.4mmネジを切った1mm板を付けました。



画像

基盤を屋根裏にネジト止めします。



画像

接点が接触することを確認しました。


もうひとつやっておくことがあります。
運転台付近にパワートラックからの端子が突出するので、運転席はそれを避けて付けなければいけません。
全部組んでからでは位置決めが面倒なので、前面が開いているうちにやっておくのです。



画像

チャンネル(3x1x1)を一部切除して折り曲げ、上面が車体裾のアングルから3mmちょっとの高さになるよう、固定しました。
この高さは事前にプラ板を重ねてテープで止め、試行錯誤で決めたものです。
チャンネルには1mm線を通して付け、ボスのようにしておきました。
運転席にはこのボスに合う位置に穴を開けておきます。



画像

運転席はこのような形で取り付けられます。
人形はKATOの機関士です。



画像


画像

機関士の位置はまずまずだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック