8620の製作(その34)ちょっと調整

少し前上がりだった車体を水平に調整しました。
第一動輪のイコライザー部の調節ネジを半回転ほどさせるだけで完了しました。

画像


画像



前照灯を点灯させる下準備として、前照灯の底部に径0.8mmの孔を開けました。

画像




画像

孔に真鍮線を通してみました。



画像

こういう方向に開いているので、外からはほとんど見えません。


これでほぼ作業は終了です。
あとは早く塗装に持ってゆきたいです。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

Por6071
2009年08月19日 07:56
おはようございます。

生地完成お祝いのコメントが遅くなりました。。

水平レベルの調整も難なく終わられたようでなによりです。ネジはきっちり最後まで締めてしまうことが多いので、私も動輪の回りを良くする為に締め方調整をしたりしますが、、模型って半回しぐらいの調整でも結構違いますね。

前照灯の製作は、、特に興味深いです。これから挑戦しようと思っていますので。
初瀬春日@管理者
2009年08月19日 09:41
Por6071様 こめんとありがとうございます。

おっしゃる通り、ネジ半回転、0.何mmかで印象ががらっと変わってしまいます。
言い換えれば、そのぐらいの精度が出せないと仕上がりがゆがんでしまう可能性があるということで、よく考えると恐ろしい話です。

もっと修行しなければいけません。

前照灯など、ロストへの孔開けはドリル刃を折らないように注意して下さい。
(私も今回1本折ってしまいました)

この記事へのトラックバック