DB201の製作(9):ディテール(3):ブレーキシリンダー

床下ディテールの続きです。
ブレーキシリンダーはスペース的にかなり小型の物しか付けられません。
画像

エコーの「貨車用ブレーキシリンダーKD型」がちょうど良いサイズで、ブレーキアームも付いていて好都合で、このまま使おうと思いましたが、アームの向きが逆なのと、フレームにネジで固定したかったのでホワイトメタルでは不都合なため、断念しました。




そこでこのパーツを参考にほぼサイズをコピーしたものを旋盤で作りました。
途中経過は無しでいきなり取付後です。
画像

サイズは径3.5x長さ4mmぐらいです。




画像

先日作ったコンプレッサーも取付ました。
フレームに1.0mmエンドミルで溝を掘ってベルトが中に引き込まれているようにしてみました。
拡大してこの程度で、肉眼ではあまりわからず、自己満足の世界です。

パイピングはエアー関係が主です。
実機は案外ゴチャゴチャと引き回されていますが、かなり省略して付けようと思っています。
狭い場所でなかなか面倒そうです。






にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

コン
2015年02月17日 01:02
ご苦労様です!最近わかりましたが、エコーモデルからロストのブレーキシリンダーが出ています。品番は#2777で、これは小型蒸機等にも使える便利アイテムですよ。
初瀬春日@管理者
2015年02月17日 07:55
コン様、情報ありがとうございます。
調べてみるとかなり小さな物みたいですね。
エコーのパーツは数がありすぎてとても全部チェックしきれません。
今後のために覚えておきます。

この記事へのトラックバック