8100キットの製作(8):シリンダーブロック基本部分の完成

今回の作業で最難関かもしれません。
ピストン棒孔を偏芯させた後蓋を作ります。

画像

まず普通の形状の素材を所定の寸法で削り出します。




画像

それを四爪チャックにくわえて偏芯させます。
手順は、最初に偏芯させずにセンターを出します。
少々面倒ですが、バイト刃先を近ずけて手で回しながら刃先との間隔を少しずつ調整してゆけば、この手のパーツでは充分なセンター出しができます。
次に、チャックが動いてしまわないよう気をつけながら、真横(水平方向)にわずかずつワークをずらしてゆきます。
偏芯させる量は0.5mmです。こんな寸法を正確に測定することはできません。
そこで0.5mm厚の板を治具として使用し、バイト刃先とワークの間にちょうどはさめるだけの偏芯量としました。




画像

偏芯させた位置で穴あけとピストン棒ガイドを切削しました。




画像

ピストン棒孔から1.8mm上方にスライドバーを取り付ける孔をあけます。
この孔位置もなかなかケガキのできない状況で、しかも寸法はシビアなので、フライスのDROの送りで位置を出し、センタードリルでマーキングしました。




画像

基本部分の完成です。




画像


フレームに組み込みました。
ドキドキの転がりテストは難なく決まりました。
ここで思わずガッツポーズです!




画像

さて、偏芯させたピストン棒孔がどの程度目立つか検証してみましょう。
内側は陰になってあまり見えないので気にならない??
ぼんやりと見てるとわからないと思います。
真剣にチェックされるとすぐにバレると思います。
まあ今回はこの偏芯の不自然さは折り込み済みですので、この程度なら全然オッケイです。




画像

上からみるとさすがによくわかります。
0.5mmというのがいかに大きい量か、よくわかります。
クロスヘッド裏のクリアランスが確保されているのが写真でも確認できて一安心です。




画像

キットパーツと並べてみました。
キットパーツが巨大でゴツく見えます。
両側のシリンダー外側の全幅を測ってみると、キットパーツが32.6mm、自作部品が30.6mm、ちょうど目論見通りに2mm狭くなりました。
これでバンザイです。
今夜は祝杯でもあげたい気分です。
自分はあまり酒が飲めないので、コーヒーでも飲むとしましょう!





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




この記事へのコメント

brass_solder
2015年10月10日 12:49
さすがです、だからシリンダ間隔が狭かったのですね。
これなら頭でっかちを感じないと思います。
初瀬春日@管理者
2015年10月10日 16:47
brass_solder様、こんにちは
そうなんです。
今回はロコ前頭部のプロポーションを改善するために、無理矢理にでもシリンダー間隔を狭めました。
まあ、ジャンクキットを使った遊びです。
元はと言えば、brass_solder様の以前のB6記事からヒントもらってるんですよ(^^)

この記事へのトラックバック