小レイアウト(1)ベース

ちょっと気が変わって小さな運転盤を作ろうと思いつきました。
サイズは16番の車輌が走行可能な最小限とし、集会などへ簡単に持っていけるようなものにしようと思います。
画像

ちょうどおあつらえ向けのコルクボードがありました。
外形610x460、内側の有効スペースが570x420、いつ買ったかわからない古いもので、少々薄汚れていますがしっかりとした作りです。




画像

まずフィーダーを埋め込んでおきます。フィーダーの先端にはジョイナーをハンダ付けしておきました。




画像

線路プランに合わせて正確に切り抜いたボール紙を表面に接着しました。
大きなボール紙に直接ケガキ線を書き込んで切り抜きました。白く見える部分はボール紙のサイズが足りなくて継ぎ足した部分です。
半径は190Rという極小のものとなりました。




画像

ボール紙の路盤(?)に沿うようフレキシブル線路をゴム系接着剤で接着し、固着するまで押しピンで止めておきます。
こんな極端な半径にレールを曲げると曲率が一定にならず、歪みがあると脱線の原因になります。
それを防ぐため路盤のボール紙をできるだけ正確に仕上げておき、それにうまく沿うように線路を曲げて接着してゆきました。
念のためスパイクで要所をとめておきました。
ただ相手がコルクなのでスパイクは抜ける力にはほぼ無力で、左右のズレを防ぐ目的のみです。
線路の固定は枕木をゴム系で接着するだけで十分な強度が得られると思います。




画像

丸一日おいて線路が固着したら走行試験です。
DBや2軸貨車は何のストレスもなく走行可能でした。
写真にあるBB電機も走行できました。
大きめのボギー車も走行できるものがあると思いますが、台車の切れ角が少ないと無理です。
Cタンクも軸距の大きなものはダメでした。




画像

レールを塗装しました。
ハンブロールの筆塗りです。枕木がグレーっぽいNo.86、レールが錆色のNo.113です。

ストラクチャーやシーナリィは最低限とする予定ですが、高さのあるものはすべて取り外しできるようにして運搬しやすいようにします。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

てっちゃん
2016年09月25日 21:50
レイアウト作り、我が家もがんばらねば
初瀬春日@管理者
2016年09月25日 22:16
Bトレの極小レイアウトでも結構楽しいのでぜひ何か一つ作って下さい。

この記事へのトラックバック