Porterの製作(40):キャブインテリア(5):インゼクタ

前回の記事にいただいたコメントでオリジナルのパーツの形態がよくわかりました。
インゼクタは形が複雑で構造がよくわからないので、自分で勝手に作り出すよりも現物をコピーする方がはるかに簡単です。
画像

本体はt1.5の真鍮片に径0.8で孔を開けたものです。
仕上がり寸法は4x6になるようにケガいています。




画像

本体に0.8真鍮線をロウ付けして取付足とします。今後の加工はこの取付足を把持して行うことができて便利です。
外形を削り、角を丸めました。




画像

各孔に外形0.8のパイプを差し込んでハンダで固定します。
同一平面で交差する部分は片方を貫通させて固定してから孔を開け直してもう一方を貫通させています。
途中で断裂してしまうことになりますが、案外丈夫に付いています。
一部には六角のナットをはめました。




画像

ナットは自作です。
径2.0の真鍮棒の中心に0.8の孔をあけ、外径を1.5まで削ったパイプ状の材料を、先端が六角になったピンバイスにくわえて一辺ずつ削ってゆきます。




画像

できあがった内径0.8のナット。
よく見ると形がかなり揃っていません。




画像

操作ハンドルは0.8洋白から一体でヤスリで削り出しました。




画像

完成しました。
菊型ハンドルは差し込んであるだけです。
キャブ内火室への取付、配管を済ましてからロックタイトで固定する予定です。

省略やゴマカシもありますが、雰囲気は出せたと思います。
写真に撮ってから気づきましたが、六角ナットの角が甘いのがありますね。
写真では円柱に見えてしまっています。
ヤスリでひとなめする程度で修正できるようならやってみようと思います。
取付は他のパーツを作ってからまとめてやろうと思っています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック