8550の製作(15):キャブ

少しずつ進めます。
キャブは0.3mm板の貼り合わせで作りました。
1.IMG_4574.jpg
窓抜き後にリベットを打つので、X-Yテーブルに取り付けるために部材を長く残してあります。
以前、リベットを打ってから窓抜きをしたことがありますが、リベットをつぶさないよう気を遣いながらの作業が大変だったので今回は窓抜きが先です。
空制化8550のキャブはどれも何らかの補修が加えられているようで、リベットのパターンが色々です。
特定番号機にするほどの資料もなく、適当にいいとこ取りでリベットを打ちました。




2.IMG_4575.jpg
内張りも窓を抜いてパーツの完成です。




3.IMG_4576.jpg
角は45度に削って付き合わせで組んでみました。
これを綺麗に仕上げるのはなかなか難しいです。
少し隙間が開いてしまった箇所もあります。




4.IMG_4577.jpg
ボイラーと組み合わせてみました。
まだ固定はしません。
ボイラー側から来るパイピングやロッドの入る孔を開けてから最後に固定しようと思います。
ランニングボードとボイラー、下回りとの組み付け部がしっかりとできており、キャブは上に乗るだけの形なので、固定してなくても仮組みには何ら支障はでません。

次の大物は煙突とドームです。
それができれば大体の形が見えてきます。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント