テーマ:鉄道模型

8550の製作(19):安全弁

ここからはディテール工作が中心になります。 安全弁とその台座です。 台座はドームと同様の方法で作りました。 頭部は少しくぼませて、汽笛・安全弁を組み付けた板を落とし込む形とします。 パーツ取付足の逃げを開けたら隣接する孔とつながってしまい、見苦しくなってしまいました。 安全弁は原型では目立たない小さなもののようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(18):先台車

後回しになっていた先台車です。 第1動輪とイコライズさせると走行安定性が向上するようですが、イコライザーの設計と製作が面倒だったので一般的な線バネによる復元としました。 参考にした珊瑚製8100キットの先台車。 ほぼこの構造をコピーしました。 先輪は珊瑚製9.5mm。市場に無くなって困っていたらクラブの会員の方に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8550の製作(17):煙突

苦労したドームに比べ、煙突はすんなりとできました。 裾部のラッパ形状形成です。 径が小さいのでやりやすいです。 変な孔が開いているのは端材を使ったからです。 裾部を仕上げるためのヤトイです。 M2で取り付けます。 前回、M2は切れやすいと書きましたが、ここでは径が小さいためM3が使えずやむを得ずM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(16):ドーム

難しかったドームです。 まず裾部の切削からです。 ラッパ状に手バイトで少しずつ仕上げてゆきます。 裾部は薄くしないとボイラーとのフィッティングが難しくなるのですが、薄くしすぎると割れたり変形したりするため、頃合いを決めるのが難関です。自分が思っているよりも薄く仕上げるぐらいがいいようです。 この作業の前に、底部から孔を開…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8550の製作(15):キャブ

少しずつ進めます。 キャブは0.3mm板の貼り合わせで作りました。 窓抜き後にリベットを打つので、X-Yテーブルに取り付けるために部材を長く残してあります。 以前、リベットを打ってから窓抜きをしたことがありますが、リベットをつぶさないよう気を遣いながらの作業が大変だったので今回は窓抜きが先です。 空制化8550のキャブはどれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(14):テンダー上回り(2)

テンダーの上板をt0.5より切り出しました。 スピーカーを炭庫部分に設置するため、音の出る孔を開けますが、この部位はバッフル板の役割を持ち、厚板の方が共鳴しなくて良かろうと、3mm板の上半分を上板の切り欠きにあわせてフライスで削りました。 スピーカーを押さえるネジ孔を開けるにも厚板は好都合です。 厚板の裏はスピーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オハ31系プラキットを組む(1)

蒸機のスクラッチばかりだと少々煮詰まってくるので、ちょっと息抜きをしようと思います。 ジュニア模型から最近出されたオハ31系のプラキットを組んでみます。 考証と試作に手間をかけたと言われるだけあって、なかなか好ましげなキットです。 オハやオハフを買い込んであって編成にしようと思っていますが、初めてのキットなので手法の検討がてら、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(13):テンダー上回り

テンダーの上回りを製作します。 千鳥に並んだリベットが最難関。 X-Yテーブルのダイヤル目盛りを頼りに何とか完了しました。 テーブルのストロークが足りないので、途中で固定し直さなければならず、平行度と位置を合わせるのが大変でした。 ダイは0.3mm穴を使いましたが、板厚が厚い(t0.3)ためかちょっと大きめに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(12):テンダー下回り

エンジンはひとまず置いといて、テンダーの下回りを製作し、エンジンと連結して自走できるようにしてゆきます。 テンダー台車はクラブの頒布品を使います。 最初は自作を覚悟していたのですが、タイミング良くロストの頒布品を作ってくれた方がいたため、非常に楽できました。 2軸台車は回転させず固定します。3軸の軸距が8620あたりの3軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(11):ロッカーアームとバルブロッド

走行関連の最後のパーツとして、バルブロッド関連を作りました。 ロッカーアームは2mm洋白から作ります。 クランクの孔をあけ、大まかな形に切り出したらセンターにピンを立てた適当なシャンクにハンダで固定します。 支柱部分を削り残すように切削しました。 構成するパーツです。 作用部はこれまでは長いまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(10):ランボード組付け

エンジン後部は台枠の上にキャブが乗るわけですが、ランボードが前方からキャブ下までそのまま伸びている形状です。 TMS片野氏の記事の寸法のまま、ランボードを切り出しました。 左右は本来別々ですが、組む時に平行や傾きを揃えるのが面倒なので、ギリギリまで左右をつなげたままで作業します。 ランボードとキャブを載せる部分は、高さを決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(9):ボイラー・弁室・テンダー試作

順次進めていますが、だんだんつじつま合わせが難しくなってきています。 最初からの計画がしっかりしていないための、いつもの現象です。 干渉部位を調製しながらなのでますます進行速度が遅くなってしまいます。 まずはボイラー。 まず煙室部分にリベットを打ち、 丸めました。 煙室との段差がほとんど無いので全部一体で作りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(8):メインロッド

メインロッドを作りました。 材料は1mm洋白材で、今回はキーシートカッターでの溝掘りを先に行いました。 ピン孔を先に0.8で開けておき、そこに0.8mm線を差し込み、カッターを押し当てて高さと平行度のチェックをします。 真横からルーペで見て高さが合っていることを左右で確認すると溝の位置がずれません。 写真矢印の捨板の孔に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(7):シリンダーブロック

その前に、ロッドの仕上げをします。 軸距を合わせてネジを切った台座に前後のロッドを合わせてネジ止めします。 ロッドピンを使うと締め込んでも固定できないのでカラーをはめてとめてあります。 前後をつなぐピン孔を、2本のロッドの重なり部分で共開けで開けてしまいます。 ロッドの端部は円の径を少し小さく削り直しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(6):火室下部

火室の下部は斜めになっており、同じ形状に切り取られた台枠に乗っています。 実際の形状に台枠を切り込むと弱くなってしまうので、表面だけ薄くしました。 1mmのエンドミルで慎重に深さ0.2mmだけ削り込みます(写真矢印) 火室下部はリベットを打った0.2mm板で表現します。 台枠に火室下部を貼ったら、補強金具の受けを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8550の製作(5):サイドロッドの製作

サイドロッドは溝のあるタイプなのでちょっと大変です。 材料はt1洋白、捨板にハンダで固定して作業します。 まずロッドピンの孔位置をセンタードリルでマークします。 軸距の精度はDRO頼りです。 ロッドピンの頭を埋める彫込みもこの時点で切削しておきます。 後からでは芯を合わせるのが大変だからです。 使用したのは径2.2エ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8550の製作(4):動力機構と関連部分

ギヤボックスの周囲にいくつかの部品がつくので、各パーツの位置関係、干渉しないかなどを検討しつつ作業してゆきました。 まずはロッカーアームを動かすための偏芯カムです。 1.2mm厚洋白板を2枚重ねて適当なシャンクにハンダ付けして削ってゆきます。 径は5mm、偏芯量は0.4mmですが、四爪チャックで可能な限り芯を出して外形を仕上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more